合宿免許参加者の内わけの宿泊施設

合宿免許の参加者の内わけを見ると、男女比は男性が約6割で女性が4割となっています。


年齢比では最も多いのが20才で約30%、次が19歳で25%、さらに21歳の20%と続きます。つまり大学生など、高校を卒業してすぐに合宿免許を取得する人が多いことがわかります。



また、参加時期に関しては、夏休みや春休みが最も多くなります。



この結果からわかるのは、大学生が長期の休みを利用して参加する人が多いということです。
これにはある理由があります。

合宿免許というのは、2週間程度のまとまった期間休める方でなければ参加することができません。
途中で仕事があるからとか、急な用事ができたからということで休むことができません。

そのために、仕事をしている人や学校がある期間などには合宿免許に参加するのは難しく、必然的に大学生が夏休みや春休みを利用して参加することになります。

さて、合宿免許では2週間近くも宿泊することになりますので、宿泊施設も重要です。

宿泊施設で楽しかったかそれとも楽しくなかったかの明暗が分かれる場合も少なくありません。

たとえば、1人で参加する場合は、ホテルのシングルルームが気兼ねしなくてお勧めですが、その場合、部屋の広さもしっかりチェックしておくと良いでしょう。


シングルルームでも、極端に狭い部屋の場合もあるようです。

逆に友達と一緒に参加する場合はツインや大部屋も良いでしょう。



ただし、部屋によって料金が変わりますので、費用もしっかり確認をとるようにしましょう。

Copyright (C) 2015 合宿免許参加者の内わけの宿泊施設 All Rights Reserved.